天空のポピーを目指して謎の林道を攻略した一行だったが、エイドポイントだったモーモーハウスで補給が受けられず、ポピーを見終えた時点で既に11時、お腹が空いた。早く鬼うどんを食べなければ、一刻も早くカロリーを補給したいので、バビュンと秩父側にダウンヒルして定峰峠を目指します。


前回の内容はこちら


DSC02033

天空の城ポピーから一気にダウンヒル。斜度10%以上あるんじゃないの?という下りですが声出ししながら下っていきます。白石峠のようなきついコーナーがない分スピードが出やすく、グレーチング通過は特に危険で注意が必要です。

 
 DSC02043
 
途中峠っぽい坂を通過しましたが(曽根坂峠というらしい)山王峠の斜度と距離を半分以下にしたような下位互換という感じで、サクッとクリアして栃谷交差点を左折します。


DSC02045

DSC02047

DSC02050


5ZgP3cKbなんか目の前に壁が見えるのですがwwwww

_5L6u6zr
今度は僕が登りますよ。押し歩きだけど

Hvai-uJE
うずうず(^ρ^)


DSC02053

DSC02054


Hvai-uJE
横に階段あるんだけどwww

_5L6u6zr
立ってるのもキツイんですがwww

5ZgP3cKbあー上が人の家とかじゃなかったら登ったのになー残念だなー先を急ごうかー(棒)


気を取り直して進むと、まりおさんがオススメと言っていたジェラート屋さんに到着です。無理して定峰峠に突入して力尽きては本日の野宿確定なので、ここでひと休みします。


DSC02059

DSC02065

お店の名前はジェラテリアHANA。この辺りではかなり有名で定峰峠の麓(秩父側)、まさにこれから登るぞ!というところにあります。店内とテラスに席があり、運よくテラス席に案内してもらいました。モーモーハウスで摂取できなかったスイーツ分を補うため、定番のミルクジェラートをシングルでオーダー。


 DSC02069

DSC02070

牧場で食べれるソフトクリームのような味わい深い味が絶品です。スプーンもオシャレな感じで個人的には高得点(^ω^)あっという間に平らげてしまったので、これならダブルでもよかったかなーと思いました(kskさんとまりおさんはダブルを注文)。


DSC02071

今回はジェラートのみのオーダーでしたが、メニューを見るとケーキなんかも幾つかありました。時間があるときにコーヒー飲みながらテラス席でのんびりしたいなぁ。

Gelateria HANA
埼玉県秩父市定峰514-1 (木曜定休のようです)


DSC02079

いよいよ定峰峠を登り始めます。実は定峰峠についてそこまで詳しく調べていなかったのですが、我々が登り始めた秩父側はいわゆる裏側と呼ばれているらしく、表側の定峰峠は白石車庫スタートのようです。そして表側については距離、斜度ともにそれほどキツくなく、初心者向けという情報だけ持っていました。


DSC02080

登り始めると、kskさんのお稲荷さんがサドル下でブラブラし始めました。「kskさんヒワイー」とか言いながらついて行きますが、どんどん差が広がっていきます。


DSC02087

またまた発射しちゃいました(本日2度目)。おそらく30km/h前後は出ていたと思われます。やはりkskさんは速いです、こっちは13km/hでハァハァしてるのにもう見えなくなった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


DSC02083

DSC02088
 
 お猿さんにも遭遇。ここは日光なの??

 ところでこの定峰峠、半分くらい登って何かに似ていることに気づきました。荒川峠です。荒サイ民じゃない人には馴染みのない言葉かもしれませんが、川沿いのサイクリングロードは遮蔽物が少ないので時として強烈な向かい風に襲われます。荒川のそれは特にひどく、まるで峠を登っているかのようにスピードが出ないことから畏敬の念を抱いて荒川峠と読んでいます。


何が似ているかというと向かい風に当たっているような速度感覚の違和感です。激坂がないので緩い斜度を平地と錯覚してしまうのですが、しっかり登っているので思っている以上にスピードが上がらず疲労が溜まっていきます。ゆっくりインナーローで登る分には疲労感はあまりなく、風景を見ながらノンビリ登れるところは好印象でした。


DSC02090

とりあえず定峰峠を制覇。初心者向けのよい峠だと思います(都心部からかなり遠いけど)。ただ、これといった特徴がないので飽きる人は飽きるかも。先行したkskさんも何か物足りなそうな感じでした。続いてまりおさんもゴールしました。


DSC02094

DSC02095

折角頂上に着いたのですが、昼食予定の鬼うどんは定峰峠の表側を半分以上おりた中腹にあります。登り返すのヤダなーと思いつつも、流し撮りの練習にちょうどいいやと気持ちを切り替えてダウンヒルを開始します。幸い下りの斜度は10%超という感じはないです。


_5L6u6zrそういえばここがすごく景色いいんですよ。


DSC02098
 
まりおさんオススメポイント。だいぶ下ったので標高はそれほど高くはないはずですが、四方を緑に囲まれてなんとも心地のよい光景です。


DSC02102

DSC02103

「ここまで登ってきました、自転車担いで」感が漂ういい写真にwww見方によっては、あの山の向こうの火口に指輪捨てに行きます的な壮大なストーリーも思い浮かびます。ふたりともカッチョいい(^ρ^)

DSC02108
 
 更に少し下って本日の昼食、定峰峠の鬼うどん屋に到着。


DSC02109

DSC02111

定峰峠は高橋啓介のFDと岩瀬恭子のFDがヒルクライムバトルをした舞台ですね。しかもバトル前に故障した恭子のFDを啓介たちが直してあげたのがまさにこのうどん屋の前!!まあ啓介カッコいいよね惚れちゃうよね的なニヤニヤ展開が楽しめるので、みんなFourth Stage 8話をチェックだ!


DSC02113

DSC02116

食事の方は冷やしきんぴらからみ鬼うどんをチョイス。コシのあるうどんときんぴらの甘み、薄く切られた甘夏?の酸味が絶妙な味わい!これ食べに来て良かったーと非常に満足。しかもイチゴジュースのオマケまで!甘すぎない冷たい水分がたまらなく美味しかったです(^-^) さらにマスターに記念撮影までしてもらいました。マスターありがとう!


DSC02118

ここからときがわに行くには松郷峠から迂回するルートも考えられますが、当初のルート通り定峰峠の頂上まで登り返して白石峠を経由してときがわに向かいます。


DSC02117

kskさんがまた発射して見えなくなりましたが、私とまりおさんは緩々と登り始めます。下った時に大した斜度じゃないなと思っていましたが、こちらもまさに荒川峠。中途半端にキツく油断はできません。最低限の力でノロノロ登ります。


DSC02120

藤の仲間かな?表側の定峰峠はかなり交通量が多い登りになるので少し神経を使います。初心者向けとは言いながらも、経験者が前か後ろをしっかりフォローしてあげるのが良さそうです。私は初心者にすらついていけないので何のフォローもできませんが (゜∀ 。)アヒャヒャヒャヒャ


 DSC02124

DSC02123

なんとか定峰峠頂上にふたたび到着。ここで懐かしのエネルゲンを投入。既に3箇所ヒルクライムしているのでエネルギーの自己管理をしなければ弓立山で力尽きかねません。そして時間は既に14時近く、醤遊王国を諦めてときがわの水出しコーヒーに寄ってグルメポタに切り替える作戦に。


DSC02130

白石峠に向かう林道ですが所により10%近くの坂があり、地味に足を削られます。しかしkskさん速いなーもうあんなところに()


DSC02132

白石峠に到着。しかしガリガリ君すら売っていない君にもはや用は無い。早急に下山させていただくよ。


DSC02135

DSC02141

DSC02146

はい、一気にダウンヒルして水出しコーヒーの店まで来ました。白石峠の下りはいつ走っても危険ですね。ティアグラブレーキは少し不安なので早急にアルテ辺りを導入したいところです。


DSC02147

DSC02149
 
 抽出に8時間かけたコーヒーは提供にも少し時間がかかるのがお約束。水路でボトルを冷やしたり自然と同化したりして待つこと十数分。


DSC02154

DSC02156
 
5ZgP3cKbごちそうさまでした!(^ω^)


DSC02152

現在山岳賞のkskさんには、王座にてご賞味いただきます。まりおさんも1分足らずでほぼ飲み干しご満悦。白石峠の近くなのに何かと通過されがちな場所ですが、皆さんも是非寄ってみてくださいね。


 DSC02157

5ZgP3cKbじゃあ弓立山登って帰ろうか

_5L6u6zr醤遊行けないのが悔しいので、もうこの際登れるだけ登りましょう。根性坂行きましょう。

Hvai-uJEそうですね、埼玉のラルプデュエズ行ってみたいです。




5ZgP3cKb・・・・・・はぁ!?( ゚д゚)

 
次回へ続く(次で最終回!)