坂ときどき激坂!

坂は苦手だけど坂が好き! そんな初心者ローディが中級者になるべく繰り広げる 汗と涙と感動の物語。になる予定。なお、中の人は子ノ権現教狂信者です。

2016年05月

秩父センチュリーライド その③【埼玉のラルプデュエズ編】

DSC02165

前回までのあらすじ

 時間配分を考えずに気ままに走っていた一行。水出しコーヒーに到達した時点で時刻は既に15時に。弓立山を登ってから醤遊王国と加藤牧場に行くには厳しい時間になってしまいました。


_5L6u6zrもういっそのこと登れるところ全部登ってボロボロになるまで走るバカライドにしませんか

Hvai-uJE乗った。埼玉のラルプデュエズ行って弓立山登って大クス登りましょう。

5ZgP3cKbえ〜じゃあ一度行ったことある人が道案内するしかないじゃないですかやだ〜みんな死んじゃいますよ〜(^ω^)


 2人が行きたがってる埼玉のラルプデュエズ(根性坂)ですが、私れーやんにとってはトミィさん主催の「しおいんDEATHライド」で1度倒した相手であります。ご一緒した「へるはうんど先生」「ぼんちゃんさん」が既にレポートしているので詳細はそちらに任せるとして、簡単に言うとキルゾーンです。子ノ権現以上風張林道未満だそうです。

 気になる坂スペックは長さ1.3km平均斜度15%over、都民の森を颯爽とTTするクライマーですら足を着いてしまうほどだとか。まあ1度倒して難易度は分かってるしまあいいか~と思い、渋々ふたりをスタート地点に連れて行こうと先頭で引き始めるのですが・・・


DSC02157


5ZgP3cKbごめん!脳が「脚力を貯めろ!」と全身に信号を送ってて脚が回らない!平地なのに!トトロが見てるのに!


 ロードバイクは極めてメンタルが影響するスポーツで、脳が反射的にパワーを制限してしまう事があります。私の場合、力尽きての足つきと落車が異常なまでに嫌なので、ヤバイ時は「この強度以上で走ったら死ぬ」という信号を全筋肉に送るのです、便利なもんです。

 この機能は風張林道のようなバカみたいな所では効果を発揮しますが、奥武蔵グリーンラインではヒルクラわんこそば状態に脳がついていけず完全にセーブモードに移行、たいした斜度でもないのに恐ろしく脚が回らずに大迷惑な亀走行を強いられる諸刃の剣といえます。

 今回の根性坂は入り口に至る平地ですらセーブモード信号が放たれていますが、風張林道ほど酷くなく距離が短いのでまだ楽観的です。


DSC02158

 ついにZが姿を現しました。私は非常に紳士的なヒルクライマー(激遅)なのでゴム板の場所、斜度構成など記憶に残っている情報を初登坂の2人に説明します。途中から道幅がかなり狭くなるので万が一に備えて、脚を着いた人は後続の進路を塞がないように気をつけるなど事前に確認をします。やる気満々の2人の後ろで私には2度目の登坂を前にひとつの疑問が脳裏に浮かびます。

5ZgP3cKb「ここって本当に子ノ権現よりキツかったのかな?」


 登る順番は、まりおさん→kskさん→私の順番。気持ち少し間隔を開けながら全員インナーローで登り始めます。というかインナーロー以外の選択肢を選ぶ人は多分翼人族かなんかだと思う。


DSC02170

埼玉のラルプデュエズですが注意すべき点は3つです。


【道を横切るゴム板がある】

 開けた区間でヘアピンを右→左→右と抜けると、道路に対して斜めにゴム板が直立して横切っています。 恐らく雨が降った時に何らかの効果があるのでしょう、普段お目にかかる機会は滅多に無いはずです。

IMG_5879

こいつイメージ的にはこんなんです。
※写真は別の場所のものです。

 このゴム板の攻略法は、ゴム板に対してできるだけ直角に侵入して乗り越えるか(上手く乗るとゴム板が曲がって潰されるので)、体幹に自信がある人は右側にある砂利区間を通ってゴム板を避ける方法があります。絶対体幹主義れーやんは当然砂利を通ります(ゴム板怖いもん)。


【 2箇所の洗濯板区間が 恐らく25%近く】

 凶悪な25%近い激坂。一瞬ならまだしもココでは意外に長く、子ノ権現の最終ストレートを少し伸ばした感じ。しかもそれが2箇所あります。ただその2箇所をつなぐ区間は斜度が緩むので、ずっとつらい風張林道よりはまだマシな感はありますが、瞬間斜度はこちらが勝っているでしょう。 舗装が洗濯板になっている所がきついところなので、前もって身構えることができるのは精神的に楽です。


【路面にゴミが多くて蛇行しにくい】

 ネットで何かとキツイと騒がれる理由はこれなのかもしれません。子ノ権現や東都飯能カントリー倶楽部の激坂(苦労坂)は道幅が比較的広く路面にゴミが少ないので最悪蛇行で乗り切ることができます。ですがココの洗濯板区間は道幅が一車線しかないうえ、道の中央に杉の葉のようなゴミが積み重なっているのです。斜度が激烈なので蛇行して乗ってしまうと後輪が滑って即落車になりかねません。


konjou

 最後尾からスタートした私は、まりおさんとkskさんの背中を追いながら、少しずつ離されていきます(爆)。ゴム板に差し掛かるヘアピン前で既に2人の姿は見えず、結局孤独の激坂グルメ状態になり必死にペダルを回しながら進みます。


??:ぎゃーーーーーー!!!

 ちょうどゴム板を避けて洗濯板区間に突入したところで前から悲鳴が聞こえてハッと意識が戻ります。まりおさんが無念の足つき、激坂の長さに心が折れてしまったようです。こうなったら少しでもカッコいいところを見せねばなりません。と張り切り2個目の洗濯板区間に突入すると・・・


Hvai-uJE「・・・・・・」


5ZgP3cKbkskさんが足をついた・・・???

 信じられない光景に心が動揺します。あの、どんな斜度でも発射するkskさんがまさかの足つき。2枚目の洗濯板でクランクが回らなくなってしまったようです(´ー`).。oO(まさかこの区間もパワフルダンシングで越えようとしたんじゃ・・・

 最急斜区間をジリジリとシッティングで登っていきますが、思いのほか楽にペダルが回ります。恐らく2回目なのが理由なのだと思います。しかし2回目のココよりも6回も登っている子ノ権現のほうがやっぱりきつい気がする。それは恐らく、身体の相性と愛ゆえなんだと思う。


DSC02168

 2箇所目の洗濯板区間を過ぎると少し斜度が緩み、椰子の木が見え始めたらもうゴールです。写真の通り道幅は非常に狭いので注意が必要な道です。ごく稀に自動車が降りてくることもあるようです。


DSC02162

kskさんはヒルクライムで初の敗北


DSC02163

 お約束の写真を撮ってしばし休憩しながら雑談をしていると、私が埼玉のラルプデュエズをクリアできたのはホイールの性能のおかげではないかという疑惑が浮上しはじめましたwwwwwそこで、kskさんに私のホイール「キシリウム SR」を貸してあげることに。どちらも10速だったのでRD調整なしで問題なく取り付け完了。


Hvai-uJEちょっとこれで根性坂のキツイ区間試していいですか?

5ZgP3cKbいいよー折角だから撮影しに行く(クリートカバーはめはめ)


douga1

「・・・・・・」

douga2

「ゴォッ!ゴォッ!ゴォッ!ゴォッ!」

5ZgP3cKb「!?」

douga3

douga4

5ZgP3cKbちょwww早すぎワロタwww

 キシリウムSRは剛性の高いホイールらしく、踏んだときにあまり歪まずパワーが逃げにくいのだとか。確かにアルテグラホイールからキシリウムSRに変えた直後に子ノ権現の激坂で踏み込んでもホイールが歪む感じがせず安心して登れた記憶があります。kskさんも「踏んだときの感触が全然違うスゴイこれスゴイ」と言って、その後ホイールを買い換えるきっかけになったとかならなかったとか。


5ZgP3cKbじゃあkskさんのホイール借りよっと。

 kskさんがキシリウムをとても気に入ってしまったようなので、私も人のホイールで走ってみたくなりました。kskさんのホイールは「フルクラム レーシング5」・・・だったかな?特徴は詳しく知りませんが乗れば解るでしょう。まりおさんも長休憩で体力が回復したようなので、再スタートして弓立山に向かうことにします。


DSC02175

Hvai-uJEどうですか?そのホイール走りにくくないすか?


R7275545


5ZgP3cKbごめん全然違いがわからないwwwというか背負ってるカメラの重さの方が気になり始めたwwwww

_5L6u6zrwwwwwwwww

なんとなーく歪むような気がしなくも無いですが、あまり違いを感じないフルクラムのホイール。20%を超える斜度にならないと私程度の貧脚では差がわからないのかもしれません


DSC02179

DSC02182

梨花カントリークラブの坂を越えて・・・


DSC02184

DSC02185

ゴルフ場をズバッと横切り・・・


DSC02192

 弓立山の登りに差し掛かります。弓立山は東側から登るより西側から登る方が距離が半分くらいで楽です。木々に阻まれてご褒美絶景が無いラルプデュエズとは違い、こちらは10%台の斜度でご褒美景色が味わえます。

DSC02197

 ただやはり斜度10%台とそれなりにキツく、山伏峠(初級)のようにユルユルと・・・というわけには行きません。あまり油断せず、インナーローの精神を忘れずに少しずつ登っていきます。


DSC02200

弓立山に到着。標高は300mちょっとと手軽(なのか?)に絶景を楽しむことができます。今日も空気が霞んでしまい、都心部のビルは見えませんでした。


DSC02205

DSC02208

DSC02212

 一緒に登山道を登ってきたカップルがいましたが、気を使うことなく野郎3人でバカ騒ぎしなが、写真撮影を敢行しました。


_5L6u6zrはやく、日が暮れる前に大クスまで行きましょう。

5ZgP3cKbみんな脳内斜度計と精神がおかしくなってきた。


DSC02221

DSC02222

_5L6u6zrヒャッハー激坂だぁ!!!


DSC02224

Hvai-uJE登り返してまた下る!!!

5ZgP3cKbここに病院を建てよう。ヒルクラスキー隔離病棟を


上谷の大クスに向かう一行。

DSC02227

_5L6u6zrハア・・・ハア・・・キツイ・・・・・・

5ZgP3cKb下るだけの激坂を登り返したりしてるからでしょwwww


DSC02232

Hvai-uJE発射!!!


DSC02233

 kskさんはまだまだ元気。大クスへのヒルクライムでぶっち切りの山岳賞。この人誰か止めてwww


DSC02237

 大クスで精神浄化シークエンス。手持ちのNEX-6は最近流行りのRX100と比べると、キットレンズの焦点距離が16-70mmと広角側が広いのと、センサーサイズがAPS-Cと大きいのが特徴のミラーレス機です。ですが、利点はその2個くらいで「重い」、「デカイ」、「ズームが遅くてしかも左手で操作」といった具合で、たすき掛けしてロードバイクに乗りながら使うにはあまり勝手がよくありませんが贅沢は言えません。


DSC02245

 かなり陽が傾いてきたのでそろそろ帰ります。都内まで自走するというアホなことを言い出す人もいましたが、走りなれていない道を夜走るのは望ましくないと大人の判断。東武東上線の坂戸駅を目指します。


DSC02246

閉店後のしろくまパンに歯軋りをしつつ


DSC02254

DSC02257

DSC02261

5ZgP3cKbきゃー!月が赤い~ルナシーみたいだ~

_5L6u6zrkskさん40km/h巡航とか鬼だ・・・脚売り切れたwww

5ZgP3cKbわし、千切られてるなうwww


DSC02262

 kskさんの高速列車に無賃乗車しては強制下車を何度か繰り返した後、無事坂戸駅に到着しました。最終的にはひたすら登る越生ヒルクライムチャレンジになってしまいましたが、埼玉のラルプデュエズというネタ坂にも行けて満足の一行。次は醤遊王国に行きたいねとキャッキャウフフしながら輪行準備を開始します。


DSC02264s

 輪行梱包レーシングは私が優勝しました


DSC02266

DSC02268

DSC02270

 欲しいフレームや行ってみたい坂とかの話をしていたらあっという間に和光市駅に到着。私は地下鉄に乗り換え、まりおさんとkskさんはここから荒サイを少し自走。


DSC02271

さーて輪行解除してご飯買って帰ろっと・・・

・・・ ・・・

・・・ ポロッ ・・・・・・

DSC02272

5ZgP3cKbウワアブナカッタ、ミンナモキヲツケテ



天空のポピーを求めてヒルクライムを堪能した秩父センチュリーライドのレポートはここまでになります。長らくのご愛読ありがとうございました(^ω^)

その①
その② 

秩父センチュリーライド その②【グルメポタ編】

天空のポピーを目指して謎の林道を攻略した一行だったが、エイドポイントだったモーモーハウスで補給が受けられず、ポピーを見終えた時点で既に11時、お腹が空いた。早く鬼うどんを食べなければ、一刻も早くカロリーを補給したいので、バビュンと秩父側にダウンヒルして定峰峠を目指します。


前回の内容はこちら


DSC02033

天空の城ポピーから一気にダウンヒル。斜度10%以上あるんじゃないの?という下りですが声出ししながら下っていきます。白石峠のようなきついコーナーがない分スピードが出やすく、グレーチング通過は特に危険で注意が必要です。

 
 DSC02043
 
途中峠っぽい坂を通過しましたが(曽根坂峠というらしい)山王峠の斜度と距離を半分以下にしたような下位互換という感じで、サクッとクリアして栃谷交差点を左折します。


DSC02045

DSC02047

DSC02050


5ZgP3cKbなんか目の前に壁が見えるのですがwwwww

_5L6u6zr
今度は僕が登りますよ。押し歩きだけど

Hvai-uJE
うずうず(^ρ^)


DSC02053

DSC02054


Hvai-uJE
横に階段あるんだけどwww

_5L6u6zr
立ってるのもキツイんですがwww

5ZgP3cKbあー上が人の家とかじゃなかったら登ったのになー残念だなー先を急ごうかー(棒)


気を取り直して進むと、まりおさんがオススメと言っていたジェラート屋さんに到着です。無理して定峰峠に突入して力尽きては本日の野宿確定なので、ここでひと休みします。


DSC02059

DSC02065

お店の名前はジェラテリアHANA。この辺りではかなり有名で定峰峠の麓(秩父側)、まさにこれから登るぞ!というところにあります。店内とテラスに席があり、運よくテラス席に案内してもらいました。モーモーハウスで摂取できなかったスイーツ分を補うため、定番のミルクジェラートをシングルでオーダー。


 DSC02069

DSC02070

牧場で食べれるソフトクリームのような味わい深い味が絶品です。スプーンもオシャレな感じで個人的には高得点(^ω^)あっという間に平らげてしまったので、これならダブルでもよかったかなーと思いました(kskさんとまりおさんはダブルを注文)。


DSC02071

今回はジェラートのみのオーダーでしたが、メニューを見るとケーキなんかも幾つかありました。時間があるときにコーヒー飲みながらテラス席でのんびりしたいなぁ。

Gelateria HANA
埼玉県秩父市定峰514-1 (木曜定休のようです)


DSC02079

いよいよ定峰峠を登り始めます。実は定峰峠についてそこまで詳しく調べていなかったのですが、我々が登り始めた秩父側はいわゆる裏側と呼ばれているらしく、表側の定峰峠は白石車庫スタートのようです。そして表側については距離、斜度ともにそれほどキツくなく、初心者向けという情報だけ持っていました。


DSC02080

登り始めると、kskさんのお稲荷さんがサドル下でブラブラし始めました。「kskさんヒワイー」とか言いながらついて行きますが、どんどん差が広がっていきます。


DSC02087

またまた発射しちゃいました(本日2度目)。おそらく30km/h前後は出ていたと思われます。やはりkskさんは速いです、こっちは13km/hでハァハァしてるのにもう見えなくなった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


DSC02083

DSC02088
 
 お猿さんにも遭遇。ここは日光なの??

 ところでこの定峰峠、半分くらい登って何かに似ていることに気づきました。荒川峠です。荒サイ民じゃない人には馴染みのない言葉かもしれませんが、川沿いのサイクリングロードは遮蔽物が少ないので時として強烈な向かい風に襲われます。荒川のそれは特にひどく、まるで峠を登っているかのようにスピードが出ないことから畏敬の念を抱いて荒川峠と読んでいます。


何が似ているかというと向かい風に当たっているような速度感覚の違和感です。激坂がないので緩い斜度を平地と錯覚してしまうのですが、しっかり登っているので思っている以上にスピードが上がらず疲労が溜まっていきます。ゆっくりインナーローで登る分には疲労感はあまりなく、風景を見ながらノンビリ登れるところは好印象でした。


DSC02090

とりあえず定峰峠を制覇。初心者向けのよい峠だと思います(都心部からかなり遠いけど)。ただ、これといった特徴がないので飽きる人は飽きるかも。先行したkskさんも何か物足りなそうな感じでした。続いてまりおさんもゴールしました。


DSC02094

DSC02095

折角頂上に着いたのですが、昼食予定の鬼うどんは定峰峠の表側を半分以上おりた中腹にあります。登り返すのヤダなーと思いつつも、流し撮りの練習にちょうどいいやと気持ちを切り替えてダウンヒルを開始します。幸い下りの斜度は10%超という感じはないです。


_5L6u6zrそういえばここがすごく景色いいんですよ。


DSC02098
 
まりおさんオススメポイント。だいぶ下ったので標高はそれほど高くはないはずですが、四方を緑に囲まれてなんとも心地のよい光景です。


DSC02102

DSC02103

「ここまで登ってきました、自転車担いで」感が漂ういい写真にwww見方によっては、あの山の向こうの火口に指輪捨てに行きます的な壮大なストーリーも思い浮かびます。ふたりともカッチョいい(^ρ^)

DSC02108
 
 更に少し下って本日の昼食、定峰峠の鬼うどん屋に到着。


DSC02109

DSC02111

定峰峠は高橋啓介のFDと岩瀬恭子のFDがヒルクライムバトルをした舞台ですね。しかもバトル前に故障した恭子のFDを啓介たちが直してあげたのがまさにこのうどん屋の前!!まあ啓介カッコいいよね惚れちゃうよね的なニヤニヤ展開が楽しめるので、みんなFourth Stage 8話をチェックだ!


DSC02113

DSC02116

食事の方は冷やしきんぴらからみ鬼うどんをチョイス。コシのあるうどんときんぴらの甘み、薄く切られた甘夏?の酸味が絶妙な味わい!これ食べに来て良かったーと非常に満足。しかもイチゴジュースのオマケまで!甘すぎない冷たい水分がたまらなく美味しかったです(^-^) さらにマスターに記念撮影までしてもらいました。マスターありがとう!


DSC02118

ここからときがわに行くには松郷峠から迂回するルートも考えられますが、当初のルート通り定峰峠の頂上まで登り返して白石峠を経由してときがわに向かいます。


DSC02117

kskさんがまた発射して見えなくなりましたが、私とまりおさんは緩々と登り始めます。下った時に大した斜度じゃないなと思っていましたが、こちらもまさに荒川峠。中途半端にキツく油断はできません。最低限の力でノロノロ登ります。


DSC02120

藤の仲間かな?表側の定峰峠はかなり交通量が多い登りになるので少し神経を使います。初心者向けとは言いながらも、経験者が前か後ろをしっかりフォローしてあげるのが良さそうです。私は初心者にすらついていけないので何のフォローもできませんが (゜∀ 。)アヒャヒャヒャヒャ


 DSC02124

DSC02123

なんとか定峰峠頂上にふたたび到着。ここで懐かしのエネルゲンを投入。既に3箇所ヒルクライムしているのでエネルギーの自己管理をしなければ弓立山で力尽きかねません。そして時間は既に14時近く、醤遊王国を諦めてときがわの水出しコーヒーに寄ってグルメポタに切り替える作戦に。


DSC02130

白石峠に向かう林道ですが所により10%近くの坂があり、地味に足を削られます。しかしkskさん速いなーもうあんなところに()


DSC02132

白石峠に到着。しかしガリガリ君すら売っていない君にもはや用は無い。早急に下山させていただくよ。


DSC02135

DSC02141

DSC02146

はい、一気にダウンヒルして水出しコーヒーの店まで来ました。白石峠の下りはいつ走っても危険ですね。ティアグラブレーキは少し不安なので早急にアルテ辺りを導入したいところです。


DSC02147

DSC02149
 
 抽出に8時間かけたコーヒーは提供にも少し時間がかかるのがお約束。水路でボトルを冷やしたり自然と同化したりして待つこと十数分。


DSC02154

DSC02156
 
5ZgP3cKbごちそうさまでした!(^ω^)


DSC02152

現在山岳賞のkskさんには、王座にてご賞味いただきます。まりおさんも1分足らずでほぼ飲み干しご満悦。白石峠の近くなのに何かと通過されがちな場所ですが、皆さんも是非寄ってみてくださいね。


 DSC02157

5ZgP3cKbじゃあ弓立山登って帰ろうか

_5L6u6zr醤遊行けないのが悔しいので、もうこの際登れるだけ登りましょう。根性坂行きましょう。

Hvai-uJEそうですね、埼玉のラルプデュエズ行ってみたいです。




5ZgP3cKb・・・・・・はぁ!?( ゚д゚)

 
次回へ続く(次で最終回!)

秩父センチュリーライド その①【天空のポピー編】


こんばんは!


週末はみんなハルヒルかAACRかぁ〜
どっちも不参加組だからぼっちライドかなぁ〜

などうだうだしていた5月半ば・・・

IMG_6424


天空のポピーってなんだ( ゚д゚)??
父さん、ラピュタはあったんだ。秩父に!的な?

そんなノリで企画された謎の天空ライドに参加するのはkskさん、まりおさん、私の3人。

まりおさんが70km 1200mアップのルートを引いてくれたのですが、私の定峰峠の鬼うどん食いたい(^ρ^)の一言で方向性が決まり、私が勝手にルートを引かせてもらいました(笑)




今回のルートは、小川町駅→天空のポピー→定峰峠→鬼うどん→白石峠をダウンヒルして→弓立山→醤遊王国→加藤牧場→飯能駅と巡る大盤振る舞いの予定。時間的にかなり厳しそう(私が遅いため)なので、当日は時間を見つつ動くことに。



_5L6u6zrまりおさん:
獲得標高が2000m近いのは見なかったことにしておきます(・ω・)



当日の集合場所は小川町駅。東武東上線でバビュンとワープします。


DSC01903

まずは荒川の直線鬼ことHvai-uJEkskさんが到着。何度も一緒に走っていますが、クリス・フルームみたいな体格でノーマルクランクをガシガシ踏んで登るスタイル。フレームはサーヴェロS1!あの子ノ権現も楽々撃破した我ら昭和最後の世代最強のエースです(´ー`).。oO(最近人外枠に片足突っ込んでるけど


DSC01905

少し遅れてお初の_5L6u6zrまりおさんも到着。一部DURA化されたキャノンデールCAAD8はいかにも登れそうな感じ!同じく子ノ権現クリア済みというみんなどんだけ子ノ権現好きなんだ(←



DSC01909

DSC01911

まずは今回の目玉、天空のポピーに向かいます。

正しくは、天空を彩るポピーまつり というイベントだそうで、毎年5月~6月にかけて彩の国ふれあい牧場で行われているようです。
場所はこのあたり。



噂どおり牧場に近づくにつれてクルマの量が増えてきますが、今回のルートは車通りの少なそうな林道を経由します。信号待ちだけで渋滞になっていたクルマが一気に居なくなりました。


Hvai-uJEちょっと登ってきます!!

DSC01918


林道に入った直後、知る人ぞ知るもはや恒例行事のkskさん発射!風張的な斜度を強いる激坂ですが、残念ながら今回のルートは左です。ルートを引いた本人が一番ホッとしました。
ちなみにこの激坂の上にはみかん山があるそうです。


DSC01925

DSC01935

適当に引いたこの林道ですが、どうも体感的に10%近い斜度が続きます家に戻ってからルートラボをよーく見ると、距離約5kmで平均斜度が9%と中々の坂スペック。ミニ白石峠ってところでしょうか。後半は10%overが続きいい感じに足が削られます。


DSC01942

DSC01943

DSC01952

中途半端にキツく長いので飽きてきますが、眺望は中々のもの。個人的には白石峠よりも好きです。後半は少し斜度が増しますが、心拍を落ち着かせて冷静に対処します。この時点でほぼ二本木峠の頂上まで到達したようです。


DSC01961

二本木峠を登ったというより、脇からよじ登っただけ感があるので、どうして峠をクリアした実感が湧きません。脚はこんなに削られたのに・・・


DSC01963

DSC01970

DSC01974

DSC01980

二本木峠から尾根伝いに南下すると、モーモーハウスなるものを発見!「美味しいアイスのエイドポイントだー」と男三人自転車を投げ出して建物の中へ。


DSC01997

DSC01992


5ZgP3cKbところで美味しいアイスはどこで買えるの?

_5L6u6zrここアイス売ってないですよ!しかも牛乳すらない!!!


DSC01989

5ZgP3cKb大変です。脚が短くて乗れません(真顔)

Hvai-uJEその構図いいっすねー!いいっすねー!パシャパシャ

_5L6u6zr撮ってくださーい!

DSC01982s

DSC01996

DSC02000


5ZgP3cKb何ぞこの渋滞www

いよいよポピーまであと少しというところで大渋滞が発生してます。どうも林道を通らないで県道で登ったら、坂というより車列との戦いになっていたかもしれません(´ー`).。oO(渋滞の先頭が見えない

仕方ないのでクルマの脇をゆっくりゆっくりスリ抜けていきます。幸いモーモーハウス側からだと下り基調なので、下ハンブレーキでノロノロと安全確認をしながら下ります。こんなの排気ガスで環境ハカイダーとか大弛峠の路駐みたいだーとか言いながら進むと…


DSC02007

DSC02008


5ZgP3cKbHvai-uJE_5L6u6zrSUGEEEEEEEEE!!!!


Hvai-uJEここ長野だっけ?

5ZgP3cKbここが渋峠で良いんじゃないですか?

_5L6u6zrぼくらの心の渋峠(秩父)www


ナイスワインディングとその向こう側、開けた空間一面に咲き誇るポピー。微妙な起伏が生む稜線が絶妙な景観を作り出しています。まるでマチュピチュのような光景。父さん、ラピュタは秩父にあったんだ!ポピーだけど。

駐輪場があるので、クリートカバーを付けてしばしお散歩します。


DSC02019

DSC02023

DSC02013

DSC02030s


5ZgP3cKb秩父の皆さん謎のポーズ撮影で道を塞いでしまい申し訳ゴザイマセンwwwwww

Hvai-uJEいいっすねーあ、もうちょっと!いいっすいいっす(パシャパシャ

お花をみて心が浄化されたのは2年半ぶりくらいかもしれません。来年もぜひ見にいきたいです(∩´∀`∩)



ブログ書くインターフェースに慣れないので今回はここまで。続きはまったり時間を作って書こうと思いまーす(^ω^)


続き→グルメライド編

【ついに】ブログはじめました【はじめまして】

Twitterでのライドまとめに限界を感じ、ブログを開設してみました。

るるぶ斜め読みしたような情報サイトも兼ねてみたいとか、坂ミシュランならぬ、山ミシュランを気取りたいとか、いろいろ考えてますが正直どうなるかわかりません(笑)

見た人が少しでも山とか激坂に興味を持ってくれるといいなーと思ってます。ブログ初心者なので色々と教えてもらえると嬉しいです!

DSC01952


【今後の更新予定】
天空のポピーライド
荒サイ下流・飯能方面をウロウロ/ゆるーくヒルクラ/愛車はBMC/GLAYサンホラ/秋はF1/冬はスノボ/
カテゴリー
  • ライブドアブログ