坂ときどき激坂!

坂は苦手だけど坂が好き! そんな初心者ローディが中級者になるべく繰り広げる 汗と涙と感動の物語。になる予定。なお、中の人は子ノ権現教狂信者です。

荒サイゆるぽたでDNFライド【ラングドシャとニャンコ祭り】

DSC02535


こんばんちわ。

突然ですが荒川サイクリングロードこと荒サイ、よく上流とか下流とか言いますがその境目ってどこでしょうか?個人的には「羽根倉橋」を基準にして考えていますがその基準は人によって様々でしょう。

上流側には高半やハッピータイムといったグルメスポットがありますが、どれも荒サイからは少し離れていて行きづらいと思っている人も多いはず。一方の下流側は、都心の端を通るのでいくらでもグルメスポットがありそうなものの、上流ばかり取り上げられてあまり目立っていないような気がします。


出張続きで疲れて山に行く元気が無い状態で軽くナイトライドしたら脚を売り切ってしまったのは前回レポートした通りです。あれから3日経っても疲れが取れないので飯能・奥多摩方面に行く気力がなく、いつも平坦ライドに誘ってくれるdKkrcg1mDICEさんと荒サイを走ることに。荒サイ無計画グルメポタです


DSC02459

赤いきつねを喉に通して家を出たのは12時過ぎ。


DSC02464

DSC02476

岩淵水門付近で集合してまずは彩湖を目指します。とりあえず彩湖でドリンク補給してから榎本牧場でジェラート食べようかくらいのノリです。この日は風が巻いていて、向かい風になったり追い風になったりと風向きが落ち着きません。あまり強度は上げず、ダラダラ会話しながらのゆるぽたです。


DSC02482

DSC02484


ゆるゆる走ってあっという間に彩湖に到着。ところが着いたところで急に曇り空になってだんだん寒くなってきました。こんなに寒いのに頑張って牧場行ってジェラート食べるのは何だか気が進みません。 


dKkrcg1mれーやん北千住の団子たべたことある?美味いよ

5ZgP3cKbないなー、でもここまで来たから榎本牧場まで行きたい感じもあるんだけど・・・

dKkrcg1m今なら前に閉まってたラングドシャアイスのお店いけるで

5ZgP3cKb行く(即答


DSC02490

DSC02496

dKkrcg1m団子とアイスどっち先に行く?

5ZgP3cKb口の中に甘しょっぱい団子の余韻が残った状態で激甘のアイスに決まっておろう。


DSC02497

dKkrcg1m5ZgP3cKb風がおかしいwwwww

木がありえない角度で曲がっているように見えますが荒川ではよくあること。速度が上がらずやる気を削いでくるので、普段は撮らない荒川の風景を撮って気を紛らわせようとします。


DSC02502

DSC02509
 
dKkrcg1m後ろからめっちゃ撮られとる気が(笑)

5ZgP3cKbもう飽きた(怒)


そんな感じでひたすら向かい風がキツイ荒サイをしばらく下り、千住新橋を渡って北千住側に出ます。意外な事ですが、北千住は足立区らしいです。てっきり足立区は川の向かい側だけだと思ってました。


DSC02515

DICEさんオススメの団子屋さん、槍かけだんご かどや に到着。オーソドックスに「やき団子(みたらし 90円)」をチョイス。昔ながらの風情ある団子です。


DSC02516
 
5ZgP3cKbみたらしうみゃー(^ρ^)

dKkrcg1mお、隣にフレンチの店がある


DSC02517

こちらは覗いただけでしたがフレンチ系の惣菜を取り扱っている様子。北千住グルメへの興味は尽きません。




DSC02518

5ZgP3cKbきょうは、だいすくんとじてんしゃにのって、おだんごをたべました。たのしかったです まる

dKkrcg1mリアル小並感やめいwww
 
5ZgP3cKbでも今日はブログ書くほどのネタがないんだよね〜Twitterのライドまとめじゃ収まらないからブログ始めたのにwww

dKkrcg1mまだアイスがあるw


DSC02522

そんなこんなでお目当てのカフェに到着。

COFFEE STAND WAN

北千住以外にも浅草にあったりするみたいですが、私は初めての来店になります。私が神の食物と言って譲らないラングドシャにアイスを乗せるというこの世のロマンが詰まったようなスイーツが味わえるという事で興味津々。さっそく「それ」をオーダー。綺麗なおねいさんがコーン代わりのラングドシャを取り出すのが見えてテンションが上がります。


DSC02520

DSC02526
 
5ZgP3cKbなんだこれ、まじヤバイ

dKkrcg1mやヴァイwめっちゃ美味いwww

5ZgP3cKbまだラングドシャに辿り着いてないのにヤバイ

dKkrcg1mごちそうさまでした(瞬殺)

5ZgP3cKbこんなに美味いものがこの世界に存在していいのか。今年の夏はこれでいい。もう1個食いたい。

dKkrcg1mここのコーヒーは氷もコーヒーなんよ(・ิω・ิ)


DSC02532

DSC02531

5ZgP3cKbうまいわ

dKkrcg1m頼んだんかいwww

5ZgP3cKb父さん、僕書くよ、ブログ…


DSC02533

DSC02535

DSC02536

とっても素敵なコーヒーブレイクでした。荒サイの下流グルメが物足りないと思ってるそこのあなた!千住新橋を南COFFEE STAND WANへぜひ行ってみてくださいね(^ω^)




dKkrcg1mれーやん、このあとうちくる?

5ZgP3cKbウホッ┌(┌^o^)┐


DSC02539

DSC02581

DSC02595

DSC02579

DSC02653

DSC02612

DSC02583

DSC02657



やばい・・・包囲されたwwww



ナイトライドのススメ

DSC02317


みなさんナイトライドは好きですか?

夜間走行は危ないとか怖いとかって声もありますが、ある程度慣れておくことは経験値として必要ではないかと思ったり。輪行帰宅する時でも家まで自走するときは真っ暗ってことが多いですしね。

私はあまりナイトライドはやらないのですが折角の平日休み、朝イチで飯能まで自走して子ノ権現5回くらい登って帰ろうと思っていたらまさかの午後起き、土日仕事で疲れきっていたのか夕方まで部屋から出る気すら起きず。


5ZgP3cKb土日走ってないし運動不足すぎてヤバイから荒川ナイトライドでもしよう。

折角6500万年くらい前の地層からミラーレス一眼を発掘したばかりなので、夜でもまともな写真が撮れるだろう機材のおかげで、と意気込み日没1時間前に家を出て戸田橋経由で荒サイへ到着。途中左岸行っちゃったりとか道に迷ってたら早くも太陽が沈み・・・


DSC02300

明かりの無いサイクリングロードは既に暗闇の中。人もまばらで自転車はあまりいません。荒サイ名物、無言でドラフティングしてくるオッサンや危険走行するエアロードがいないので平和そのものです。


DSC02309

DSC02318

 岩渕水門に着いた頃は既に日没後。ミラーレスでISOを高めにして撮るとかろうじて空がオレンジ色になる程度で、スマホ撮影では真っ暗闇に。VOLT800をフルパワーにして南下し堀切駅のあたりで写真を撮っていたら、kskさんが迎えに来てくれました


 DSC02319

荒川の直線鬼が夜も出るなんてキイテナイ!これで今日のゆるぽたは終わり、高強度で引っ張り回されることになりました。


DSC02321

夜の荒サイを45km/hでぶっとばし・・・


DSC02325

DSC02339

四ツ木橋で荒サイを出て、スカイツリーの周りをウロウロ


 DSC02346

5ZgP3cKbいつ見ても立ち◯ックにしか見え(

Hvai-uJEはいアウトー(^ρ^)


DSC02348

スカイツリーって少し離れた方が綺麗に写るのかな?


Hvai-uJEもるさんが東京駅に向かってるみたいです!一眼レフ背負って

5ZgP3cKbまた豪脚が増えた(´ー`).。oO(ぼくのゆるぽたを返して…

でも確かもるさんのFUJI故障したんじゃなかったっけ?何乗ってくるんだろう・・・もるさんは以前に奥武蔵GLライドでご一緒して、その足でそのまま渋峠に旅立たれた豪脚です。あのライドでは私が遅すぎてご迷惑をかけまくりましたが、今日も精一杯迷惑をかける所存であります


DSC02350

 kskさんのチェーン落ちぶっぱ芸を楽しみつつ(´ー`).。oO(いつの間に楕円リングにしたんだ…、東京駅に向かいます。この辺りは仕事柄よく来ていて道をよく知っているので、蔵前橋通りから秋葉原を抜けるルートをチョイス。

 
DSC02355

DSC02360
 
突然kskさんが、客引きのメイドさんにロードまたがってもらってそれをローアングルで撮りたいという変態じみた事を呟いてましたが、もるさんを待たせるわけにはいかないのでここはグッと我慢してもらいます。我慢は浪漫って誰かも言ってたしね。


DSC02369
 
Hvai-uJEあれ、もるさんどこにいるんだろう?

5ZgP3cKbこんな夜中にサイクルウェア着て一眼レフ担いでる人なんて中央区に1人しかいないからすぐ分かるよ。ほら、いた


DSC02376

9S2ZVQTnこんばんはー(^ω^)

5ZgP3cKbあー、FUJIじゃないフレームだっ!!!

9S2ZVQTnあれは廃車です。1年目なのに

5ZgP3cKbふぁー(´;Д;`)

今夜のもるさん号はARGON18のガリウムPro!すごく軽い、めちゃくちゃ軽くてしかもDi2仕様。うーん、もるさん自転車難題持ってるんだろう?


DSC02373

kskさんが試乗。どうやら只者では無いようですこのフレーム。カラーが赤黒なのもヨシ。あぁフレーム買いたいなぁ(^ρ^)


5ZgP3cKbで、今日はルート引いてないから行き先未定なんだけど?

9S2ZVQTnイタリア街とかどうですか?

Hvai-uJE調べてみたら汐留なのでそんなに遠くないですね。


無計画ナイトライドに突然オシャレ感が増すような気がしたので、そのイタリア街というところへ行くことに。多分イタリアっぽい広場があったりするんでしょうね。


DSC02380

その前に東京タワー撮影をば


DSC02383

DSC02404

案の定ベンチに良い感じのカップルが座ってますが、構わずパシャパシャ。お騒がせしてすんませんでしたwww


DSC02411

DSC02415

9S2ZVQTnパヴェです。

5ZgP3cKb尻が痛いわ(゚Д゚)

Hvai-uJEここ、しおいんですけどで出たところ

5ZgP3cKbえ、そうなの?こんなとこあったっけ


 DSC02423

5ZgP3cKbあー超見たことあるこれ!

9S2ZVQTnHvai-uJE そのバイクスタンド貸して(^ω^)


DSC02427

DSC02433

肉眼では薄暗い広場ですが、カメラで撮るとグッとムードが高まってオシャレな感じに。人通りも少ない時間だったのか、パシャパシャシャッターを切りまくれるのでテンションが上がります。


DSC02425
 
 三脚を使わないと夜景撮影はブレるわ暗いわで大変ですが、今回は「カメラを地面に直置きしてシャッタースピードを1秒〜2秒に設定」する方法を使いました。これで手ブレを抑えつつ露出時間を長くすることができるのでオススメです(プロの方からすればツッコミどころ満載でしょうが(笑)


 DSC02437

DSC02436

ここまで夕食も食べず走り回っていたので、近くのローソンで補給タイム。あ、ハワイアンスプリング、南国の味がして美味しかったです(^ω^)

もるさんとkskさんと3人でモグモグしながらホイールの話で大盛り上がりしました。アルミクリンチャーならこれ!とかカーボンディープリムならどーたらこーたら。あっという間に12時を過ぎてしまい、流石にそろそろと帰ることに。


9S2ZVQTnれーやんさんteam machine SLR01買いましょうよ(^ω^)

5ZgP3cKbkskさんがtime machine買ったら考えますわwww

team machine SLR01は、愛すべきBMCのフラッグシップモデルです。どこかに特価で転がってないかなー(棒)


DSC02444

DSC02446

5ZgP3cKb全員カメラ背負ってるwww

そうそう、このライド最大の誤算は、もるさんと帰りの方向が同じということ。引いてもらおうかなと甘っちょろいことを考えていたら何故か私が全力で引く姿がそこにありました


9S2ZVQTn(´ー`).。oO(35km/h巡航ね。まさか30km/h以下はないよね!?


そんな無言の圧力を受けながら、強い横風の中必死にクランクを回してわずか29km/h\(^o^)/


DSC02449

最大斜度25%の目白のぞき坂へ案内するも、光の速度で登られてポカーン(°_°)


無事脚終了\(^o^)/


ナイトライド、これから暑くなるとますます涼しさを感じられますね、私は好きです(^ω^)みなさんもナイトライド楽しんでみてはいかがでしょうか?


【ワンポイントアドバイス】

豪脚に見つかったら死を覚悟せよ

秩父センチュリーライド その③【埼玉のラルプデュエズ編】

DSC02165

前回までのあらすじ

 時間配分を考えずに気ままに走っていた一行。水出しコーヒーに到達した時点で時刻は既に15時に。弓立山を登ってから醤遊王国と加藤牧場に行くには厳しい時間になってしまいました。


_5L6u6zrもういっそのこと登れるところ全部登ってボロボロになるまで走るバカライドにしませんか

Hvai-uJE乗った。埼玉のラルプデュエズ行って弓立山登って大クス登りましょう。

5ZgP3cKbえ〜じゃあ一度行ったことある人が道案内するしかないじゃないですかやだ〜みんな死んじゃいますよ〜(^ω^)


 2人が行きたがってる埼玉のラルプデュエズ(根性坂)ですが、私れーやんにとってはトミィさん主催の「しおいんDEATHライド」で1度倒した相手であります。ご一緒した「へるはうんど先生」「ぼんちゃんさん」が既にレポートしているので詳細はそちらに任せるとして、簡単に言うとキルゾーンです。子ノ権現以上風張林道未満だそうです。

 気になる坂スペックは長さ1.3km平均斜度15%over、都民の森を颯爽とTTするクライマーですら足を着いてしまうほどだとか。まあ1度倒して難易度は分かってるしまあいいか~と思い、渋々ふたりをスタート地点に連れて行こうと先頭で引き始めるのですが・・・


DSC02157


5ZgP3cKbごめん!脳が「脚力を貯めろ!」と全身に信号を送ってて脚が回らない!平地なのに!トトロが見てるのに!


 ロードバイクは極めてメンタルが影響するスポーツで、脳が反射的にパワーを制限してしまう事があります。私の場合、力尽きての足つきと落車が異常なまでに嫌なので、ヤバイ時は「この強度以上で走ったら死ぬ」という信号を全筋肉に送るのです、便利なもんです。

 この機能は風張林道のようなバカみたいな所では効果を発揮しますが、奥武蔵グリーンラインではヒルクラわんこそば状態に脳がついていけず完全にセーブモードに移行、たいした斜度でもないのに恐ろしく脚が回らずに大迷惑な亀走行を強いられる諸刃の剣といえます。

 今回の根性坂は入り口に至る平地ですらセーブモード信号が放たれていますが、風張林道ほど酷くなく距離が短いのでまだ楽観的です。


DSC02158

 ついにZが姿を現しました。私は非常に紳士的なヒルクライマー(激遅)なのでゴム板の場所、斜度構成など記憶に残っている情報を初登坂の2人に説明します。途中から道幅がかなり狭くなるので万が一に備えて、脚を着いた人は後続の進路を塞がないように気をつけるなど事前に確認をします。やる気満々の2人の後ろで私には2度目の登坂を前にひとつの疑問が脳裏に浮かびます。

5ZgP3cKb「ここって本当に子ノ権現よりキツかったのかな?」


 登る順番は、まりおさん→kskさん→私の順番。気持ち少し間隔を開けながら全員インナーローで登り始めます。というかインナーロー以外の選択肢を選ぶ人は多分翼人族かなんかだと思う。


DSC02170

埼玉のラルプデュエズですが注意すべき点は3つです。


【道を横切るゴム板がある】

 開けた区間でヘアピンを右→左→右と抜けると、道路に対して斜めにゴム板が直立して横切っています。 恐らく雨が降った時に何らかの効果があるのでしょう、普段お目にかかる機会は滅多に無いはずです。

IMG_5879

こいつイメージ的にはこんなんです。
※写真は別の場所のものです。

 このゴム板の攻略法は、ゴム板に対してできるだけ直角に侵入して乗り越えるか(上手く乗るとゴム板が曲がって潰されるので)、体幹に自信がある人は右側にある砂利区間を通ってゴム板を避ける方法があります。絶対体幹主義れーやんは当然砂利を通ります(ゴム板怖いもん)。


【 2箇所の洗濯板区間が 恐らく25%近く】

 凶悪な25%近い激坂。一瞬ならまだしもココでは意外に長く、子ノ権現の最終ストレートを少し伸ばした感じ。しかもそれが2箇所あります。ただその2箇所をつなぐ区間は斜度が緩むので、ずっとつらい風張林道よりはまだマシな感はありますが、瞬間斜度はこちらが勝っているでしょう。 舗装が洗濯板になっている所がきついところなので、前もって身構えることができるのは精神的に楽です。


【路面にゴミが多くて蛇行しにくい】

 ネットで何かとキツイと騒がれる理由はこれなのかもしれません。子ノ権現や東都飯能カントリー倶楽部の激坂(苦労坂)は道幅が比較的広く路面にゴミが少ないので最悪蛇行で乗り切ることができます。ですがココの洗濯板区間は道幅が一車線しかないうえ、道の中央に杉の葉のようなゴミが積み重なっているのです。斜度が激烈なので蛇行して乗ってしまうと後輪が滑って即落車になりかねません。


konjou

 最後尾からスタートした私は、まりおさんとkskさんの背中を追いながら、少しずつ離されていきます(爆)。ゴム板に差し掛かるヘアピン前で既に2人の姿は見えず、結局孤独の激坂グルメ状態になり必死にペダルを回しながら進みます。


??:ぎゃーーーーーー!!!

 ちょうどゴム板を避けて洗濯板区間に突入したところで前から悲鳴が聞こえてハッと意識が戻ります。まりおさんが無念の足つき、激坂の長さに心が折れてしまったようです。こうなったら少しでもカッコいいところを見せねばなりません。と張り切り2個目の洗濯板区間に突入すると・・・


Hvai-uJE「・・・・・・」


5ZgP3cKbkskさんが足をついた・・・???

 信じられない光景に心が動揺します。あの、どんな斜度でも発射するkskさんがまさかの足つき。2枚目の洗濯板でクランクが回らなくなってしまったようです(´ー`).。oO(まさかこの区間もパワフルダンシングで越えようとしたんじゃ・・・

 最急斜区間をジリジリとシッティングで登っていきますが、思いのほか楽にペダルが回ります。恐らく2回目なのが理由なのだと思います。しかし2回目のココよりも6回も登っている子ノ権現のほうがやっぱりきつい気がする。それは恐らく、身体の相性と愛ゆえなんだと思う。


DSC02168

 2箇所目の洗濯板区間を過ぎると少し斜度が緩み、椰子の木が見え始めたらもうゴールです。写真の通り道幅は非常に狭いので注意が必要な道です。ごく稀に自動車が降りてくることもあるようです。


DSC02162

kskさんはヒルクライムで初の敗北


DSC02163

 お約束の写真を撮ってしばし休憩しながら雑談をしていると、私が埼玉のラルプデュエズをクリアできたのはホイールの性能のおかげではないかという疑惑が浮上しはじめましたwwwwwそこで、kskさんに私のホイール「キシリウム SR」を貸してあげることに。どちらも10速だったのでRD調整なしで問題なく取り付け完了。


Hvai-uJEちょっとこれで根性坂のキツイ区間試していいですか?

5ZgP3cKbいいよー折角だから撮影しに行く(クリートカバーはめはめ)


douga1

「・・・・・・」

douga2

「ゴォッ!ゴォッ!ゴォッ!ゴォッ!」

5ZgP3cKb「!?」

douga3

douga4

5ZgP3cKbちょwww早すぎワロタwww

 キシリウムSRは剛性の高いホイールらしく、踏んだときにあまり歪まずパワーが逃げにくいのだとか。確かにアルテグラホイールからキシリウムSRに変えた直後に子ノ権現の激坂で踏み込んでもホイールが歪む感じがせず安心して登れた記憶があります。kskさんも「踏んだときの感触が全然違うスゴイこれスゴイ」と言って、その後ホイールを買い換えるきっかけになったとかならなかったとか。


5ZgP3cKbじゃあkskさんのホイール借りよっと。

 kskさんがキシリウムをとても気に入ってしまったようなので、私も人のホイールで走ってみたくなりました。kskさんのホイールは「フルクラム レーシング5」・・・だったかな?特徴は詳しく知りませんが乗れば解るでしょう。まりおさんも長休憩で体力が回復したようなので、再スタートして弓立山に向かうことにします。


DSC02175

Hvai-uJEどうですか?そのホイール走りにくくないすか?


R7275545


5ZgP3cKbごめん全然違いがわからないwwwというか背負ってるカメラの重さの方が気になり始めたwwwww

_5L6u6zrwwwwwwwww

なんとなーく歪むような気がしなくも無いですが、あまり違いを感じないフルクラムのホイール。20%を超える斜度にならないと私程度の貧脚では差がわからないのかもしれません


DSC02179

DSC02182

梨花カントリークラブの坂を越えて・・・


DSC02184

DSC02185

ゴルフ場をズバッと横切り・・・


DSC02192

 弓立山の登りに差し掛かります。弓立山は東側から登るより西側から登る方が距離が半分くらいで楽です。木々に阻まれてご褒美絶景が無いラルプデュエズとは違い、こちらは10%台の斜度でご褒美景色が味わえます。

DSC02197

 ただやはり斜度10%台とそれなりにキツく、山伏峠(初級)のようにユルユルと・・・というわけには行きません。あまり油断せず、インナーローの精神を忘れずに少しずつ登っていきます。


DSC02200

弓立山に到着。標高は300mちょっとと手軽(なのか?)に絶景を楽しむことができます。今日も空気が霞んでしまい、都心部のビルは見えませんでした。


DSC02205

DSC02208

DSC02212

 一緒に登山道を登ってきたカップルがいましたが、気を使うことなく野郎3人でバカ騒ぎしなが、写真撮影を敢行しました。


_5L6u6zrはやく、日が暮れる前に大クスまで行きましょう。

5ZgP3cKbみんな脳内斜度計と精神がおかしくなってきた。


DSC02221

DSC02222

_5L6u6zrヒャッハー激坂だぁ!!!


DSC02224

Hvai-uJE登り返してまた下る!!!

5ZgP3cKbここに病院を建てよう。ヒルクラスキー隔離病棟を


上谷の大クスに向かう一行。

DSC02227

_5L6u6zrハア・・・ハア・・・キツイ・・・・・・

5ZgP3cKb下るだけの激坂を登り返したりしてるからでしょwwww


DSC02232

Hvai-uJE発射!!!


DSC02233

 kskさんはまだまだ元気。大クスへのヒルクライムでぶっち切りの山岳賞。この人誰か止めてwww


DSC02237

 大クスで精神浄化シークエンス。手持ちのNEX-6は最近流行りのRX100と比べると、キットレンズの焦点距離が16-70mmと広角側が広いのと、センサーサイズがAPS-Cと大きいのが特徴のミラーレス機です。ですが、利点はその2個くらいで「重い」、「デカイ」、「ズームが遅くてしかも左手で操作」といった具合で、たすき掛けしてロードバイクに乗りながら使うにはあまり勝手がよくありませんが贅沢は言えません。


DSC02245

 かなり陽が傾いてきたのでそろそろ帰ります。都内まで自走するというアホなことを言い出す人もいましたが、走りなれていない道を夜走るのは望ましくないと大人の判断。東武東上線の坂戸駅を目指します。


DSC02246

閉店後のしろくまパンに歯軋りをしつつ


DSC02254

DSC02257

DSC02261

5ZgP3cKbきゃー!月が赤い~ルナシーみたいだ~

_5L6u6zrkskさん40km/h巡航とか鬼だ・・・脚売り切れたwww

5ZgP3cKbわし、千切られてるなうwww


DSC02262

 kskさんの高速列車に無賃乗車しては強制下車を何度か繰り返した後、無事坂戸駅に到着しました。最終的にはひたすら登る越生ヒルクライムチャレンジになってしまいましたが、埼玉のラルプデュエズというネタ坂にも行けて満足の一行。次は醤遊王国に行きたいねとキャッキャウフフしながら輪行準備を開始します。


DSC02264s

 輪行梱包レーシングは私が優勝しました


DSC02266

DSC02268

DSC02270

 欲しいフレームや行ってみたい坂とかの話をしていたらあっという間に和光市駅に到着。私は地下鉄に乗り換え、まりおさんとkskさんはここから荒サイを少し自走。


DSC02271

さーて輪行解除してご飯買って帰ろっと・・・

・・・ ・・・

・・・ ポロッ ・・・・・・

DSC02272

5ZgP3cKbウワアブナカッタ、ミンナモキヲツケテ



天空のポピーを求めてヒルクライムを堪能した秩父センチュリーライドのレポートはここまでになります。長らくのご愛読ありがとうございました(^ω^)

その①
その② 
荒サイ下流・飯能方面をウロウロ/ゆるーくヒルクラ/愛車はBMC/GLAYサンホラ/秋はF1/冬はスノボ/
カテゴリー
  • ライブドアブログ